Po’akolu!!ハワイがもっと好きになる、とっておきのミニ情報 第18回「もっと知りたい!ハワイの名所-ハワイ島(ハワイ火山国立公園)-」

Mahalo Mallをいつも見てくださっている方々、たまたま見に来ましたというはじめましての方も、Aloha!
Po’akolu !! – ハワイがもっと好きになる、とっておきのミニ情報
このコーナーでは、ハワイを愛するマハロモール編集部員が、もっとハワイを好きになってしまう、とっておきのプチ情報を毎週水曜日にお届けします。

第18回「もっと知りたい!ハワイの名所-ハワイ火山国立公園編-」

ハワイで一番人気の島といえばオアフ島ですが、昨年の直行便就航により俄然注目を集めているのが、「ビッグ・アイランド」ことハワイ島。そしてハワイ島といえば、世界遺産にも登録されているこの公園を抜きに語ることはできません。

【ハワイ火山国立公園】
場所:ハワイ島(ビッグアイランド) ヒロ南西

日本でも広く知られる巨大な活火山「キラウエア」を有するハワイ火山国立公園は、広大な自然の中に多くの生態系が存在することから、生物保護区に指定されています。
1,335平方キロメートルもの広さを持つ敷地内では、珍しい動植物と出会うことができるかもしれません。
そんなハワイ火山国立公園の中でもぜひ訪れていただきたいのが、これからご紹介する3つのスポットです。

キラウエア・ビジター・センター
その名の通り、キラウエア火山の案内所であるビジター・センター。公園内の施設や火山の活動状況についてはもちろんのこと、ハワイ島の歴史や生態系などについても知ることができます。公園内をどのように巡るか、ここを起点に作戦を立てましょう。

htj_kk_0001

ナーフク(サーストン溶岩洞)
溶岩がゆっくり流れて天井や壁となり、洞窟となったものが溶岩洞。ハワイ火山国立公園の中には大小さまざまな溶岩洞が存在していますが、代表的なものがこのナーフクです。
一歩足を踏み入れれば、自然の神秘を感じる幻想的な空間が広がります。が、灯りがあるのは最初だけ。待ち受けているのはあたり一面の暗闇で、懐中電灯なしでは歩を進めることができません。冒険気分を味わえる、人気のアクティビティです。

ハレマウマウ火口
「ペレの嫉妬や怒りによって火山は爆発する」と伝えれる、「火山の女神ペレ」の伝説。それだけに、ハワイ島の人々はペレを深く信仰してきました。そしてそのペレが棲むと言われているのが、「ハレマウマウ火口」。聖地として崇められている場所なので、敬う気持ちを忘れずに。
【ハワイ火山国立公園】
場所:ハワイ島(ビッグアイランド) ヒロ南西

htj_kk_0002

[アクセス]
ヒロから南に車で45分
コナから車で片道3時間

今回はハワイ島の人気スポット、ハワイ火山国立公園を紹介しましたが、いかがでしたか?他にも、地質学者・トーマス A・ジャガーによる火山研究を学ぶことができる博物館や、約150年前から宿泊施設として営業を続けている宿泊施設「ボルケーノハウス」など、人気スポットは盛りだくさん。ぜひ訪れてみてください。

(画像提供:ハワイ州観光局)

カスタマーサポート 商品に関することから、お部屋やオフィスのコーディネイト相談まで

メールでのお問い合せはこちら

※18時以降・休業日のメールのお問い合わせにつきましては、翌日営業日に返信させて頂きますのでご了承ください。
※お問い合わせの内容により、回答を差し上げるのにお時間を頂くことがあります。