GREENROOM FESTIVAL Hawaii 2016

GREENROOM FESTIVAL Hawaii 2016

今年で2回目となるHawaiiで開催されたGREENROOM FESTIVAI。
昨年に引き続き、今年もハワイの風と共に最高の天気に恵まれた。

午後3時会場オープンとなる前に各ブースのスタッフが準備をしている中、私も記録をしなくては!とせかせかと撮影を行い会場内を徘徊していた。
アーティストによる作品のショースペースも着々と仕上がっていく。

一回り終え、誰もいない会場の座席に腰を下ろしBig Mountainのリハーサルをぼーっとしながら眺める。
(今思えば何と贅沢な時間なのだろう、もっとじっくり見ておけば良かった!と後悔 笑。)

そして、何となくカメラを向けどんな風に写真を撮ろうか、、、何て考えていたらメンバーのクィーノが、遠めに居たこちらに気付いてくれた。両手を高く上げアロハサイン。
すっかりHawaiiの雰囲気に浮かれていた日本人の私は、親指を立ててnice!と返事を返す。

Big Mountainといえば誰もが知っているであろう名曲『Baby I love your way』 しかし元々はイギリスのミュージシャン、ピーター・フランプトンが原曲でありその原曲を超えるヒットを出したのが彼らである。曲だけではない彼らのこうしたピースな雰囲気がHawaiiの島にも歓迎されているに違いない。
そして、誰もが気軽にアロハー!と挨拶をするこの島に改めて魅了されている人も多いのだと実感した。

そうして色々なブースを回りつつ、ついに開演。
一組目のアーティストは “スペアザ”の通称でも人気の[SPECIAL OTHERS]

5月に行われたGREENROOM FESTIVALではBLUE SKYステージでもトリを務めた。
彼らの爽やかな音楽と共に、この会場から眺められるダイアモンドヘッドと空がより雄大な景色となる。 「気持ち良い!」
そんな言葉が自然と出てきてしまった。

続いてステージを盛り上げたのは[ケツメイシ]

一曲目から会場の盛り上がりは最高潮に。
ケツメイシと言えば、どの曲も青春時代を思い出す名曲ばかりだ。
しかし、その中でも『夏の思い出』が流れた瞬間はやはり誰もが待ってました!と言わんばかりの歓声。 日本では夏の終わりに寂しさを感じていた頃。『夏の思い出』を聞いて、夏の思い出を振り返りながら、ここHawaiiで夏にさよならを告げるなんて最高すぎるじゃないか!と、そんなことを考えながら再びカメラを向ける。

GREENROOM FESTIVALは日本とHawaiiで行われているが、それぞれ開催される場所にゆかりのあるアーティストやコンセプトに通じた人たちがステージを彩っている。
そしてステージだけではなく『Save The Beach、Save The Ocean』を掲げ、サーファーや海に関する色々なご当地ブランドの物販ブースが豊富なのも魅力の一つである。

ステージを見て物販ブースも回っていると、到底1日では回りきれないので日本で2日間開催されるときは連日行くのが私的には絶対オススメ。
物販ブースはとくにチケットを持っていなくても入れるエリアにあるのが嬉しい。

と、話しが反れてしまったがHawaiiのブースもちらほら覗いてみる。
Hawaii限定の公式グッズが売られているのも見逃せない。

そして日も落ち始める時、待ちに待った[Def Tech]が登場。

会場内でまばらになっていた人たちが一気にステージ前へと集まる。

Catch the waveが流れ始めると、歓声が沸きステージは更に盛り上がる。
誰もが知っている口ずさめるこの曲を、Hawaiiで聞けるという喜びを観客もリアルに感じていた。

Hawaii出身のShenと、日本人のMicroはまさにこのFESTIVALの象徴とも言える両国の架け橋となるアーティスト。
彼らの作る時間の中で、Hawaii独自の時間と共にゆっくりと贅沢な時を過ごすことができ、Hawaiiの大きな愛に包まれてスタッフ一同、特別な時を過ごすことができました。
ロケーションが素敵なところは全世界たくさんあるけれど、Hawaiiには昔から伝わるアロハやマハロと言ったそこに住む人々の中に伝わるマインドが多くの人を惹きつけているのかも知れない。

そんな素敵なロケーションで日本とHawaiiを繋いでいるGREENROOM FESTIVALは来年も更に楽しいイベントになることは間違いなし。
日本人にも馴染みやすいHawaiiでの特別な時間をまた来年、GREENROOM FESTIVAL Hawaiiで味わうことにしよう。
そしてここまで読んで下さった皆さまに、マハロ〜!

カスタマーサポート 商品に関することから、お部屋やオフィスのコーディネイト相談まで

※18時以降・休業日のメールのお問い合わせにつきましては、翌日営業日に返信させて頂きますのでご了承ください。
※お問い合わせの内容により、回答を差し上げるのにお時間を頂くことがあります。